読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アメリカ】元NFLスター選手、獄中で自殺 殺人で収監のヘルナンデス受刑者 マサチューセッツ州の刑務所[04/20]

米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の元スター選手で、2015年に殺人罪終身刑を言い渡されたアーロン・ヘルナンデス受刑者(27)が19日、収監されていた独房でベッドシーツを使って首つり自殺しているのが見つかった。
スーパーボウルの今年の勝者ニューイングランド・ペイトリオッツと2012年に5年総額4000万ドル(約43億5000万円)の契約を結んだヘルナンデス受刑者の栄光からの転落は、自身の死で終わりを迎えた。

東部マサチューセッツ州の刑務局によると、ヘルナンデス受刑者は午前3時5分(日本時間午後4時5分)ごろ、同州シャーリーの刑務所の独房内で首をつった状態で刑務官により発見された。
ヘルナンデス受刑者は、2013年にセミプロのアメフト選手を殺害した罪で2015年4月に終身刑の判決を受けた。
自殺の5日前には、2012年に同州ボストン(Boston)で2人が殺害された別の事件をめぐる裁判で、無罪判決を受けたばかりだった。

刑務局によると、ヘルナンデス受刑者は窓にベッドのシーツをかけて首をつり、発見後に救命処置を受けたものの、死亡が確認された。
独房のドアにはさまざまなものが置かれ、外から開けられないような細工がされていたという。

写真:NFL現役時代のアーロン・ヘルナンデス受刑者(2012年12月9日撮影)。
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/f/500x400/img_df319adc436fb8c5df0e79e47b4a44e5259023.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3125713?cx_part=topstory