読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【歴史】正倉院宝物「銀壺」は銀銭転用の国産品か…新説

 中国の唐で作られたとされていた奈良・正倉院の宝物「銀壺(ぎんこ)」は、
奈良時代に権勢をふるった藤原仲麻呂が発行に関わった
銀銭「大平元宝」の素材を鋳造し直した国産品だったとする新説を20日、
奈良国立博物館奈良市)の吉沢悟・列品室長が発表した。


 宮内庁正倉院事務所(同市)が年1回、
宝物などの研究内容を発表する「正倉院紀要」の第39号に盛り込まれた。


 銀壺は2点あり、ほぼ同型で、高さ41~43センチ、最大直径61センチ。
シルクロードとのつながりを想起させる騎馬人物が表面に彫られ、
唐で作られたとする説がこれまで有力だった。


 だが、吉沢室長は彫金技法の拙さなどから、
大陸伝来の原図を基にした国産品の可能性が高いと判断。
壺の底にある「天平神護三年(767年)二月四日」の銘を手がかりに、
制作背景の考察を進めた。


Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00050130-yom-ent